ご利用料金


訪問看護

◆介護保険の場合
 利用できる方:要介護者など介護保険の被保険者で、主治医が訪問看護を必要と認めた方


・訪問看護費
 訪問看護を利用される療養者様に一律にかかる基本料金は、訪問看護費です。

<看護師が訪問した場合>

ご利用時間単位自己負担(1割)自己負担(2割)
30分未満463単位463円926円
30分以上~60分未満814単位814円1,628円
60分以上~90分未満1117単位1,117円2,234円

1単位=10円
准看護師が訪問した場合には、上記金額の9割に値する金額を徴収させて頂きます。
夜間(18時~22時)・早朝(6時~8時)の訪問看護は基本単位の25%を加算させて頂きます。また深夜(22時~6時)の訪問看護は基本単位の50%を加算させて頂きます。

・加算     加算は療養者様の状態に応じて算定させて頂きます

項目単位自己負担(1割)自己負担(2割)
初回加算(初回月に限り算定)300単位300円600円
特別管理加算Ⅰ(一月につき)
(在宅悪性腫瘍管理や在宅気管切開指導管理を受けている状態、
気管カニューレや留置カテーテルを使用している状態の場合)
500単位500円1,000円
特別管理加算Ⅱ(一月につき)
(在宅酸素療法指導管理等を受けている状態、人工肛門等を設置、
真皮を超える褥瘡、点滴が週に3回以上あるなど)
250単位250円500円
緊急時訪問看護加算(一月につき)540単位540円1,080円
ターミナルケア加算2000単位2,000円4,000円
長時間訪問看護加算(1回につき)
(特別管理加算ⅠまたはⅡが対象の場合のみ)
300単位300円600円
複数名訪問加算(1回につき) 30分未満254単位254円508円
               30分以上402単位402円804円
退院時共同指導加算(1回につき)600単位600円1,200円
サービス提供体制強化加算(1回につき)※6単位6円12円

※サービス提供体制強化加算は、すべての療養者様に一律に加算が生じますのでご了承ください

・その他の利用料

通常の実施地域を越えてサービスを提供する場合、1Km毎に100円
利用当日キャンセル料(正当な理由以外の場合)訪問看護料の1割
日常生活用具、物品、材料費実費

各種保険の他、公費負担医療もお取扱いいたします。また、主治医より一時的に頻繁な訪問看護の必要があるとの指示があった場合は、医療保険での対応となります。

◆医療保険の場合

 利用できる方:主治医が訪問看護を必要と認めた方で、以下に該当する場合

  •  介護保険の対象に該当しない
  •  介護保険の被保険者のうち、厚生労働大臣が特に定めた疾患や症状などがある
  •  急性憎悪等により週4日以上の頻回訪問看護を要する

ページトップへ▲


・訪問看護基本療養費
訪問看護を利用される療養者様に一律にかかる基本料金は、訪問看護基本療養費です。

基本療養費回数料金
週3日目まで5,550円
週4日目以降6,550円
Ⅱ(同一建物居住者)週3日目まで2,780円
週4日目以降3,280円
Ⅲ(外泊中の訪問看護) 8,500円

※自己負担金は1~3割と保険により異なります。
※受給者証の種類によっては公費負担が適応になります。

・管理療養費

月の初日7,400円
2日目以降(1日につき)2,980円

・加算     加算は療養者様の状態に応じて算定させて頂きます

内容料金
夜間早朝訪問看護加算(1日につき)2,100円
深夜訪問看護加算(1日につき)4,200円
長時間訪問看護加算(90分以上の訪問の場合)5,200円
特別管理加算
(在宅悪性腫瘍管理や在宅気管切開指導管理を受けている状態、
気管カニューレや留置カテーテルを使用している状態の場合)
5,000円
特別管理加算
(在宅酸素療法指導管理等を受けている状態、人工肛門等を設置、
真皮を超える褥瘡、点滴が週に3回以上あるなど)
2,500円
複数名訪問看護加算
(同意がある場合のみ)
看護師等との同行4,300円(週1回)
准看護師との同行3,800円(週1回)
看護補助者との同行3,000円(週3回、場合によって4回)
難病等複数回訪問加算  2回/日の場合4,500円
            3回以上/日の場合8,000円
訪問看護情報提供療養費(一月につき)1,500円
退院時共同指導加算6,000円
(+特別管理加算の対象者の場合は特別管理指導加算)2,000円
退院指導支援加算(退院日)6,000円
在宅患者連携指導加算3,000円
24時間連絡体制加算(一月につき)2,500円
訪問看護情報提供療養費(一月につき)1,500円
訪問看護ターミナルケア療養費20,000円

・その他の療養者負担

超過利用料金(90分を越える訪問看護)30分毎・・・・・・・・・・・・1,000円
時間外・営業日外の利用料金1回時間につき ・・・・・・1,500-2,000円
交通費 通常の事業の実地地域以外1キロメートル当たり・・・・・・・50円


【自己負担金などの支払いについて】
・利用料金の合計額の請求書及び明細書を月締めで、翌月10日までに発行し、手渡しもしくは郵送いたします。お支払いは現金または、利用開始時にお手続き頂いた指定の金融機関口座より月末に自動引き落としさせて頂きます。
・自動引き落としが出来ない場合は、月末までにご来所頂き、現金でお支払いください。

ページトップへ▲


富山型デイサービス

◆介護保険事業


・基本料金①

要介護度提供時間利用者負担(1割)
要介護13~5時間利用426円
5~7時間利用641円
7~9時間利用735円
要介護23~5時間利用488円
5~7時間利用757円
7~9時間利用868円
要介護33~5時間利用552円
5~7時間利用874円
7~9時間利用1,006円
要介護43~5時間利用614円
5~7時間利用990円
7~9時間利用1,144円
要介護53~5時間利用678円
5~7時間利用1,107円
7~9時間利用1,281円

※利用者負担金は、一定以上の所得がある場合は2割負担となります。
※送迎費は、基本料金に含まれますが、ご家族が送迎される場合には、基本料金より減額いたします。

・加算   当事業所は、サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ 及び 介護職員処遇改善加算Ⅱを算定しています

内容負担額
サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ ②18円
入浴介助加算 ③50円
介護職員処遇改善加算Ⅱ①+②(+③入浴される場合)に対し、ご利用料金の2.2%の加算

・時間延長(9時間以上)

延長時間料金
9~10時間50円
10~11時間100円
11~12時間150円
12~13時間200円
13~14時間250円

・その他

内容料金
食費④600円
リハビリパンツ200円
尿取りパッド30円
趣味・活動等原材料費実費

①基本料金+②サービス提供強化加算+③入浴介助加算+④食費=利用料金(日額)となります。

例)
「要介護2」の方が入浴介助・食事付きで6時間利用した(自己負担1割)場合。
①757円+②18円+③50円+④600円=1,425円(日額)となります。
また基本料金に加算分を加えた金額に対し2.2%の介護職員処遇改善加算Ⅱを加算させて頂きます。


ページトップへ▲



◆介護予防事業


・基本料金 ①

介護度基本料金※利用者負担金(1割負担の場合)
要支援 116,470円/月1,647円/月
要支援 233,770円/月3,377円/月

※基本料金には、送迎料、入浴介助料が含まれています。
※利用者負担金は、一定以上の所得がある場合は2割負担となります。


・加算 ②

加算介護度料金利用者負担金(1割負担の場合)
サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ要支援 1720円/月72円/月
要支援 21,440円/月144円/月
介護職員処遇改善加算Ⅱ①+②に対して、ご利用料金の2.2%を加算します

・その他

内容利用者負担金
食費 ③600円
リハビリパンツ200円
尿取りパッド30円
趣味・活動等原材料費実費

① 基本料金+②サービス提供強化加算+③食費=利用料金となります。

ページトップへ▲



◆日中一時支援事業

区分障害支援区分利用料金
4時間以下(1/4日)8時間以下(1/2日)8時間超(1日)
障害者1123円246円369円
2123円246円369円
3140円281円422円
4156円313円469円
5189円379円568円
6223円446円669円
障害児区分1123円246円369円
区分2148円297円446円
区分3189円379円568円

※食費は自費(600円)です。ただし幼児の場合は400円です。
※送迎費(500円)、入浴費(500円)は別途料金がかかります。
※区分は障害福祉サービス受給者証に記載されています。

ページトップへ▲



◆障害者総合支援

区分一日の料金
基準該当生活介護区分3以上または50才以上は区分2691円
基準該当自立訓練区分2以下機能訓練(身体障害)787円
区分2以下生活訓練(知的障害)751円

※食費は自費(成人600円)です。ただし食費提供体制加算該当者は日額30円の加算をさせて頂くため、食費は500円です。
※送迎費と入浴費は含まれています。
※介護職員処遇改善加算Ⅱを算定させて頂きますので、合計単位数に対して1.7%の加算が生じます。
※区分は障害福祉サービス受給者証に記載されています。

一日の料金休日(土・祭日・長期休み)
基準該当放課後等デイサービス473円611円
基準該当児童発達支援620円

※療育を必要としている障害児とし、個別的、集団的療育を必要としている人が対象です。
※食費は自費(児童600円、幼児は400円)です。
※送迎費と入浴費は含まれています。
※区分は障害福祉サービス受給者証に記載されています。

ページトップへ▲



◆その他、介護保険や公費負担等の対象に該当しない乳幼児及び障害者(児)

ケアの程度一日半日食事入浴一時間延長
12,000円1,000円600円500円500円
23,000円2,000円600円500円500円

※幼児食事400円です。
※送迎費500円、入浴費500円です。
※一時間の利用料金は300円です。
※月極め料金(20日以上の利用希望の場合) 50,000円です。
※1,2はケアの程度によるものです。



【自己負担金などの支払いについて】
・利用料金の合計額の請求書及び明細書を月締めで、翌月10日までに発行し、手渡しもしくは郵送いたします。お支払いは現金または、利用開始時にお手続き頂いた指定の金融機関口座より毎月15日に自動引き落としさせて頂きます。
・自動引き落としが出来ない場合は、月末までにご来所頂き、現金でお支払いください。

ページトップへ▲